アクサス代々木公園

アクサス代々木公園


人気のエリア代々木に建つ高級分譲マンションシリーズ誕生です!!
バリッとした外観からはスタイリッシュで高級感を醸し出します。
追い焚き、温水洗浄便座、独立洗面台など新築分譲マンションならではの充実した設備があります。
またオートロックを完備しておりセキュリティ対策も万全です。

[オススメポイント]
代々木公園駅より徒歩4分圏内という好立地に位置しており通勤通学に大変便利です。また近隣には代々木公園があり自然と都会の両方を享受できます。
分譲マンションでは珍しいペット可能マンションです。

(間取り):1Kと1LDKタイプのお部屋を取りそろえており単身者やディンクスの方、カップルの方におすすめな構造になって折ります。

代々 木公園の所在地は、大日本帝国陸軍の代々木練兵場であった。これが第二次世界大戦での日本の敗戦後にはワシントンハイツとなり、1964年(昭和39年) の東京オリンピックで代々木選手村として一部が使用された後に再整備され、1967年(昭和42年)に代々木公園として開園したものである。代々木競技場 は代々木公園ではない。また、選手村の宿泊棟はオリンピック記念青少年センターや代々木ユースホステルとして利用されていた。

代々木公園 の 敷地は540,529.00m2(およそ東京ドーム11個分)であり、東京23区内の都市公園のなかでは、葛西臨海公園(約79ha)、水元公園(約 76ha)、舎人公園(約71ha)に次いで4番目に広い。園内は東京都道413号赤坂杉並線をはさんで噴水がある北側のA地区と、スポーツ施設やイベン トホールなどがある南側のB地区とに分かれている[2]。渋谷区土木清掃部にてC地区の存在を確認済み

公園は原宿駅、代々木公園駅、明治 神 宮前駅、代々木八幡駅に隣接しており、原宿、表参道、渋谷から人々が多く集まる場所でもある。オリンピック当時選手村の練習場であったトラックとして園内 には織田幹雄の業績を称えた「織田フィールド」(陸上競技場)があり、サッカーなどの球技用グランドがあり、1990年(平成2年)5月には、高さ15m - 30mに及ぶ大小3基の噴水や水回廊を持つ水景施設が設定された。設計者は株式会社東京ランドスケープ研究所。

隣接する明治神宮が大晦日から元旦までを除き開門・閉門時間があり、夜間立ち入り禁止となっているのに対して、代々木公園は事実上常時の入園が可能である。